投稿日:

看取り士


おくり人とどう違うのかと質問があったので私の想いを書いてみますね

私は看取らせて頂いた方々の人数は覚えておりません
色んな方との場面が浮かぶのですが
数字は数えた事がなくて
数える必要もないと思っています

数字より貴い事がある
それだけで充分だと学べる事を教えてもらえた事が尊いと感じております

この人間社会の世の中は
数字が大事な事が多く
その世界観だけで人生を終えることが多いのに対して
数字ではない貴い数えられない
深さや重さや残るものの尊さを学ばさせて頂ける事が感謝の人生となりました

看取り士とおくり人の違いは
ないと思っております
ましてや
訪問看護師も同じです

ただ、そこには現実社会として
医療行為が許されているという点では
看護師さん達は意味合いが違いますが
看護師だとしても
看取らせて頂ける
送らせて頂けるという感覚の無い者さえも居たりして
逆に愚かだと思う事もある位です

看取り士やおくり人の意味としては
社会が必要な事を学ばせる手段として
生み出された言葉だと思っております

例えば仏教、ヒンズー教、キリスト教
等と同じ様に
その地域の人々に魂世界を深く理解させるために
神様は宗派として落とした存在と同じだと思っております

学ぶ入口は違っても良いから
魂の磨く出逢いとして
与えてもらえている気がします

目的は同じだと思っております
成仏できる様に
という事なのでしょう

看取り士も、おくり人も
入りやすい様に世間に広める活動の言葉であり
実は、皆さん一人残らず
看取り士になれて
おくり人になれる様に産まれてきていると思っております

そんな場面を天は願い
それを広めるために
私達訪問看護師も看取り士もおくり人も
活動している目的があるのだと感じています

あなたが看取りたい人がいるか
彼方の世界の光の中におくり届けたい人がいるか
たったそれだけで、それは可能なのだと知って頂けるために存在する学びの入口として
広く世間を照らせたらと願います

家族
それは何よりの看取り集団
そう感じ始めて
それをお手伝いするのが訪問看護師であると言う一部分の使命を抱けた頃
訪問看護師達は、看護の本来の使命と
役割を学ぶのだろうと思います

医療行為が看護ではなく
それも看護の一部分であるだけで
それをする自分の使命感や
精神世界こそが、広く社会を照らすと感じたのです

どんな気持ちでしたか
どんな意味があるのか
どんな役目なのか

それを考え始めて
初めて看護が見えてくると思うのです
が、しかし

その答えを既に持っているのが
ご家族であり
この頑張って生きてきてくれた愛する人の最後まで
この人の生きた全てを労いたい
感謝を伝えたい

この気持ちこそが、看取り士とおくり人の価値なのだと思うのです
人は多くの人たちと出逢い集い
生活の中で沢山のことを学び合い
生きる実感に満ちる

それが人生であり
その中で魂を磨く

磨けるところまで磨けた魂が旅立つのを
頭を下げて安寧の地へ届けたいと見送りたい

そこに資格は既にあり
生まれながらに人間は
生まれて来れて
旅立って逝ける
だから
看取れて、見送れる
ように仕組まれております

産んでくれた人を
生きることを支えてくれた人たちを
看取り見送る
この当たり前の気持ちを
社会に広めるために

看取り士やおくり人は
学ばせてくれる

それは温存された人間の中に再度芽生えさせてくれる言葉となる事でしょう

もちろん
訪問看護師はその分野の勉強も必須として
日々の支援の中で学び尽くそうという意識を備えながら働く職なのでしょうね

看取りや、おくりのプロとなるには
多くの事を学べならない立場としてではなく
プロになりたいと願う立場である事が
プロにしてくれると思っております

そこには彼方の世界から指導霊様達が降りてきてくださり
その願いを叶えてくれるように鍛えてくれると信じております

家族のように
親友のように
看護を通して交わり
魂の救い手になれるかどうかは

職の価値を知った訪問看護師達に与えてもらえる勲章

数字や目に見える形ではないけれど
自分が同じように旅立つ時に
彼方の世界でどんなに魂を磨くチャンスを沢山もらえていたのか気づくのだろう

人間として看護するのか
同じ魂を持つ者として看護するのか

その違いは
多くの行動の差を生み出します

クレームと思うのか
先生から叱れたと思うのか

ワガママを言われたと思うのか
看護を教えてもらえてると思うのか

失敗したと思うのか
気付されてもらえたと思うのか

気の毒な事をしたと謝れるか
怒られたと幼子の様に泣くのか

魂を磨くために全ての事は与えられていて
その差は大きな罪と貴重な徳の差を生み出す

どう考えるのか
その知識はプロ意識

本人さんや家族さんから
学びとるのが一番ですね

だから私は言うのです

利用者さんが先生なのよ
利用者さん達が育ててくれるのよ

周りの人達から見て
私は失敗が多く謝る事が多い訪問看護師だったとしても
私は反省して落ち込んだ事がない
この仕事に凹んだ事はない

失敗ではなかった
謝ることではなかった

私がプロになるために
大きく間違わないために得た経験であり
気づかせてもらえたのだから感謝しかない

そんな風に立ち上がり奮い立つ
そのスタディングマインドを鍛えてもらえる必要があったのだ

そのどんな場面も
貴重な経験で前進するべき職へのプロ意識への道の上だったと思えています

当社のナースさん達が失敗をしたと嘆く時
あら!私のしてきた失敗と比べたら
何分の1よ
その何倍もしてきたわ
と言う事がある

されど
人を軽視した自分の都合による自分勝手な失敗に対してだけは
反省すべきだと譲らない私がいる

汚れた悪しき精神だけは許せない私がいる限り
私は落ち込んで凹む事はないだろう
汚れた悪しき精神を許す様になった時は
私も汚れ悪しき者となり魂が汚れて重くなるので
自分も落ち込んで凹めばいいとさえ思う

そして何より
人を軽視し自分勝手な都合で看護をする者に対して許さない自分である事は
その看護師の人生に気づかせてやれる
慈悲の愛を示す役目を天が指示したのだと信じて指導する意識なのです

それをすることで
その看護師も救われ
人に軽視されなくなり
自分勝手な事をされない
愛される看護師になると確信してます

その知識を導ける
そんな看護集団をこの世に存在させる事を天は願っておるのでしょう

あれをしたからダメだ
これをしたから悪い看護師だ
という事ではなく

どう考えたのか
時には行動を超えて
その失敗の中に素晴らしい看護師だというお知らせもあったりするのです

見つけ合う光の存在
高め合う魂の存在

それが当社の看護集団の存在価値である事を願う

昨夜一緒に同行した20代のナースさんが言った
私が看取りに呼ばれると思ってました
あの方のエンジェルケアは私になるなと覚悟してました

この言葉に秘められた
彼女の日々の看護は尊いもの
選ばれし魂の救い手ですね

彼女の緊急対応当番の夜中を選んで旅立った98歳のあの方の想いを
彼女が今後も動かしてくれる事でしょう

利用者さんが教えてくれる
その一つ一つをどう受け止めるか
それがその看護師の人生を決めてゆく気がします

不幸になるのも幸せになるのも
生きた様にしかならず
何かハプニングが起きる時は
必ず自分が何かを間違えていたりするものですね

看取らせて頂けたり
送らせて頂けたり
その中でその方の生き様に触れて
自分の人生と重ねてみるチャンスをもらえる仕事が
訪問看護師という有り難い職の価値なのでしょう

生き方を教えてもらえるなんて
こんな有り難い先生達はなかなか居ないですね

訪問看護師だから
話してもらえる
教えてもらえる

そこに気付くと良いなぁ
黄金の人間道を歩けてる事に早く気づけると良いのになぁ
と若い子達を眺めるけれど

若い時からそう感じていた私だから
今の立場があるんだろうね
だとしたら
そんな風に感じていた20代の私にしてくれた天と全ての方々に心から感謝してしまうね

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

看護師親子

看護師親子

↓下方に動画があり そっとケーキ代を渡して帰りに買って帰ってあげよって渡す千円札を握って帰る訪問看護 …

二つの看護の違い1

二つの看護の違い1

↓下方に動画があり ツーパターンの看護の違い☆1 管理者さんのツーパターンのロールプレイの違いを通し …

仲間を作る為

仲間を作る為

会社が生き残るのに有能な人が欲しいと願うのはどの会社も同じだけれどもね良い仕事をしようと働いている人 …