投稿日:

認知症看護


かがやき訪問看護ステーションを
立ち上げた頃からの利用者さんがいます
その方の遠方に住むご家族が
会いに来てくださいました

思えば短い様で長い付き合いになったなぁと思うのは私だけでなく
そのご家族様も感じてくださっているのが嬉しい夜となりました

報告を重ねながら
遠方のご家族様のアドバイスも受けて
乗り越えて来た支援の中に
気がつくと友の様な親戚の様な感覚を
覚える様になってるのが有難いです

帰省するとわかると
会いたいなと思ってしまう
ご家族様の存在は

その支援の月日の長さも
信頼してくださった想いも含めて
有難いばかりです

7年近くの中で
思い出す支援の中のパプニングさえも
笑いと愛着に変わり
良き思い出となっていますが

一番感じてるのは
そのご家族様とご本人様から
育ててもらえたなぁと
思える看護展開がたくさんある事

このご家族のお父さんは
私にとって本当に
認知症看護を鍛えてくださった恩師だと思えています

認知症が発症し始めた頃は
いつもすぐ怒って頑固に拒否をしていました

認知症を認めたくない時期は
誤魔化して素直に受け入れてもらえる様に、言い回しを気をつけました

認知症だと認め始めた頃は
不安で一日中電話をして来るようになりましたが
どう応えたら落ち着くのか教えてくれました

認知症を認めなくて良いのだと
もの忘れだと認めてもらう事で
認知症だと自分の方が認めてる事を口にしてくれ始め電話の回数が減りました

不安を抱く記憶の途絶える部分を一つ一つ先に整える事で
電話がほとんどなくなりました

それから
私は認知症ですから
貴女達が居ないと困ります
と天使の様に可愛く甘えてくれるまでに
時間はそんなにかかりませんでした

家族には凛として威厳ある様子でも
私たちの前では
ありのままで愛おしさに満ちていきました

今では
あんなに人嫌いで行きたがらなかったデイサービスにさえも
自分から笑顔で通う様になり
人との交流を求めてくれる様になりました

人と人との関わりと言うコミュニケーションに自信が持てたり
認知症の変化に粘り強く愛情込めたアプローチを続ける事で
認知症の変化は
ずっと同じ症状ではなく
人として柔らかく受け入れて行く
変化が訪れる事を学ばせてくれました

認知症はある意味
頑なに生きて来た方の頑固さをも
忘れさせてくれる疾患にもなり得ると
7年の月日は親子関係もスムーズに笑顔にしてくれて
私は認知症に感動を抱かずにおれなくなりました

このご家族様の粘り強さと
訪問看護師の粘り強さが
タッグ組めたら
守れる認知症在宅看護への展開が叶ったケースだったと思えて感動しています

思えば
7年前に在宅はもう無理かもと
口にした支援者も居た気がしますが
いいえ、まだまだやれるわ
と信じられたのは
このご家族のギリギリまで家で過ごさせてやりたいと言う言葉でした

このご家族様のお父さんの
7年間の日々の中の訪問看護の思い出を
書き記したら
何冊の本になるかしら

そしてその本は
ハラハラが笑顔になる様な
笑い日記であることは間違いないくらい
楽しい本になる事でしょう

お父さんは
私達に沢山の笑いと愛情を湧かせてくれています

一つ一つの看護場面は
かがやき訪問看護ステーションの
企業秘密の様な秘密兵器を備えられた本にもなりますね

あの手この手の認知症看護のノウハウは
このご家族様のお父さんが装備してくれたと言っても過言ではないと
スタッフ一同認めることでしょう

本人と家族とケアマネさんと訪問看護師とヘルパーさん
これが和になると感動が生まれるのだと
痛感しています

かけがえのない利用者さんとの7年は
プロの訪問看護師を何人育ててくれた事だろうか
認知症には安心が何よりの特効薬なのでしょうね

それで良いんです
何も困りませんよ
だって困った時は
このボタン押せば
私達が飛んで来ますからね

はーい?
〇〇さ〜ん?
今日も天気がいいですね
声が聞けて嬉しいです
どうかしました?
何か困ってることないですか?

え!?
私から電話しましたかね?

ウフフ
あはは

私からだったかも知れないです
忘れちゃったぁ

あははは
ウフフフ

高橋さんも忘れっぽいですなぁ
困ったものだ

ほんとね
〇〇さん?私は忘れっぽいから
たまにこんな風に電話してくれないと困りますよ

え?やはり私から電話したんですか?

え?私からかな?

あははは
ウフフフ

まぁ、良いわよ
今困ってることないなら

はい!
私は一つも何も特に困ってないですが

そうですか
安心しました
じゃ、また電話しましょう

貴女の声が聴けて元気になりましたよ
こんな風にたまに貴女の方こそ電話して来てくださいな

はい!そうしますね

切って2秒おいて又、電話してみる

はい?もしもし?

〇〇さん?
かがやきの高橋ですが何してます?
今、何か困ったことはないですか?

ないですよ
電話してくれて有難う御座います
ですが今こそ電話で話した気がしますが
違うかな?

あ?そうでしたか?
そうでしたね
覚えててくださって有難う御座います
声が聞きたくなったものですから

そりゃ良かった
また、いつでも電話して来て良いですからね

〇〇さん有難う
嬉しいです
じゃ、又電話しますね

こうやって
電話して来たら
必ずかけなおす看護を教えくれた

有難う
ありがとう
と言い合う中で
目に見えない多くの症状を
変化させてくれたんです

認知症は人を柔らかい人格にする為に
思いっきり硬さを、まず先に出させてくれて
本人に変化をもたらしてくれるのもかも知れませんね

いろんな症状にいろんな看護手段を
生み出せた月日に感動してしまうんです
人間は計り知れない能力を
互いに育て合う生き物ですね

この一枚の写メは
私にとって
7年間の認知症看護の尊い目に見える形な気がしています

愛を粘り抜いて来たご家族の
笑顔にこれからのお父さんの生活も
笑顔大き事を祈願しながら
来年を迎えます

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

パッチワーク

パッチワーク

利用者さんからもう要らないから捨てるって言うからもらって帰りました なるほど捨てられない物だわパッチ …

鏡餅

鏡餅

  お鏡を頼まなくても飾ってくれる社員さんに感謝が込み上げます 事務所内を見守る姫達磨様と私の中で訪 …

障害支援ケースカンファレンス☆3

障害支援ケースカンファレンス☆3

下方に動画があり↓ 青年後継人制度の導入への道訪問看護師の範囲を超えたアプローチに関しては他職種さん …

最近の投稿

2021/01/24

疼痛との闘い

2021/01/24

癒し♡

2021/01/21

方向への調整

2021/01/21

看護のアプローチ

2021/01/21

チック.てんかん☆2