投稿日:

戴きました


こんなに素晴らしい物をなんて
受け取るべきか躊躇もしたんです

おそらく家宝だと思うくらいのお品で
お面には以前から興味があって
最高だなと思った記憶は
ひょっとこ踊りを見た時でした

それから私達が支援に行ったのは
その方の旅立ちをご家族がもう間も無く迎える時期でした

最初に部屋に入った時に
私はベッドの脇の棚にズラリと並べられたお面の数々に驚いてつい、叫んだ

一つ持って帰りよ

何を言うんですか!
こんな大作を戴けませんよ
精魂込めて作ってあるのに
こだわりもたくさんの中で創作したでしょう?

まだ会話も出来る頃でした
優しい真摯な口調に
思わず、昔はどんな職業だったのですか?と聞いていました

そうすると奥さんがね
嬉しそうに説明してくれて写真を見せてくれて
カッコ良かったのよ
そりゃちょっと目を見張るくらいかっこよくて男前だったのよ

痩せたその時のお顔しか知らない私に
息を咳切る様に話して下さいました

それから間も無く旅立たれて
数ヶ月経った今、息子さんが届けて下さいました

思いがけずに嬉しくて
おそらくどれをわたしに渡そうかと
たくさんのお面の中から
このお面に決めたのだろうと思います

この選んだ笑顔のお面であるのも
息子さんらしさもお父さんらしさもミックスされてて
そして私らしさも組み込もうとしてる部分も完璧だと手を合わせた

私のご先祖様を思い出したんです
実母のお爺さんがこんな口髭があったのよ
その曾お爺様がね
私に昔こう言ったの

すまんのぅ
すまんのぅ
ワシの人生がのさってお前に苦労をかけてすまんのぅ
役目があるからもう、戻りなさい
これ以上は進まんで帰りなさい
すまんのぅ

下を向いて本当にすまなそうに言った時に私はこの曾お爺様の無念さを晴らしたいと仕切りに思った

私がそれが出来るなら
曾お爺様の無念溢れた表情を笑顔に出来るなら
もう一回、頑張って生きてみようと思った
そう決めた途端に私は
手術室の台の上で武者震いをしていて

医者や看護師達が取り囲み覗き込んで
意識が戻りました!
先生血圧が戻ってきました!
と叫んでおりました

まるであの時の曾お爺様が笑ってくれてる様な気分になりました

ねぇ?カズさん?
お面を有難う御座います
お父さん、受け取れないわってあの時は言ったけど

このお面を見たら
曾お爺様みたいでね…

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

内服調整の受診前の準備

内服調整の受診前の準備

下方に動画があり↓ FullSizeRender …

看護記録の裏に書いたアドバイス☆2

看護記録の裏に書いたアドバイス☆2

看護記録の裏に書いたアドバイス☆ 癌と診断された方の支援時のアドバイス帰った後も見れる様に残して帰る …

栗の木🌰

栗の木🌰

庭の栗の木が面白いなと楽しみにしながら秋を迎えた 驚くほどに大きな栗がたわわについててポタポタと落ち …