投稿日:

お看とりさせて頂いてから


お看とりさせて頂いてから
2年半経ち

お声をかけて頂き
共にその命の旅立ちを見送らせて頂けた事を思い出しながら
お仏壇にご挨拶をしました

あの日、私は大晦日の夜に支援に伺い
呼吸を確かめ
親戚が集まるお正月かなと思っておりました

1時間支援の間にオムツ交換を済ましたり
ご家族のラストステージの時間を迎える
心意気を触発しながら会話して過ごしておりました

荷物を持ち立ち去ろうとした時に
呼吸が変化をし出したのに気づき
驚いたのです

急ぐ様に呼吸を変えたお母さんの様子に
帰らないでという事だと受け止めたのです

それは腰をはめて年越しを
こちらの家でしようと決めた瞬間でもありました

それからゆっくりと呼吸について説明して
ご家族を呼び集めて
見届ける場面に入りました

そうやって子供たちに囲まれて
旅立って逝きました

大晦日で家族で過ごしていただろうナース達が4人、駆けつけてくれて
みんなでエンゼルケアをして
介護ベッドから
居間にお布団を敷き
お身体を寝かせました

葬儀屋と火葬場に連絡をすると
お正月は混み合い出来ないと返


答頂き
私達は、通常より長引く期間に備えお体が美しく保たれるケアを心がけ
化粧をデリケートに仕上げました

そして

どうか、お葬儀が出来る日まで
ここに寝かせてあげて
通常より長く一緒に過ごせる別れの時を過ごしてくださると嬉しいです
と言うと

お母さんと一緒に寝ますと言って下さいました
その印象的な言葉は嬉しくてたまりませんでした

この場面は後になり
素晴らしい結果をもたらして下さいました
葬儀が数日後になった事で
ご家族と親戚は皆んなが充分に
言葉を掛け合い
その別れを思い出に変える事が出来ました

そして2年半経ち
本日、こんなお話ができました

母はあっさりした人で
ベタベタしなくて
人を触ったりしない人だったんです
それが亡くなる前に支援に来てた
高橋さんの足に手を伸ばし
ずっと触ってさすってた事が不思議でたまらなくて
私達にもそんな事をした事ないのに
と驚いたんです
母は高橋さんに看とってもらおうと決めてたんでしょうね

凄いですね
わかったのですね
私は、あの場面で心の中で
わかったよ
私が来るから仕組んでくださいね
と言っていたのです

人生は自分で手を伸ばさないと事は起きず
その原理をお母さんが自分で果たした場面なんです

あの手を伸ばし
私に伝えようとして私を撫でるあの手を
どう受け止めるかが
看護のアセスメントであり
看とる者の感性と感度

そしてその読み取りが間違いか正しかったかさえ
後に示してもらえるのです

その示しが
まさに、旅立とうと決めたご本人の瞬間に居合わせるナースにより証明してもらえるのです

当社は見事にその方の支援に心尽くして親身になったナースが
看とる場面に居合わせたりします

それが先ず、正しい看護をしていると言う証明であると私は受け止めて今日まできました

担当者が看取れなかった時は
その看護は達して居なかったと判断するのでもないのですが
担当者よりも看とってもらいたいナースが他に居たと判断します

その判断はいろんな方向があり
若手にこのまま続けてプロになれ!というエールの時もありますし

あなたに期待してるのよと励ましだったりする事もあり
若手もその思いを汲める教育をベテラン組は続けております

そして今日の様に
旅立ちから数年経っても
声をかけてもらえた時

私は思うのです

あれからの数年間も
方向を間違わずに出来てますよ
とお印を頂けたと思うのです

これが私がこの事業を立ち上げた時に
掲げた

あなた達に出逢えて良かったと
言ってもらえる事が私達の勲章

という言葉でした

たとえ、死を間近にしていても
頑張って生きてきた人生の出逢いとして
与えられたと思って頂けて
これで良かったのだと感じられる旅立ちに向けての出逢いとして
訪問看護があれば良いなぁ
と立ち上げる時に抱いていたのです

看護を正しく使う
看護で正しく稼がせてもらう
事業で言うなれば
看護師は商品である

売る商品を店主は磨きます
商品である看護師が
ダイアモンドの様に輝いて
光を放ち、クオリティーの高い質を備えているべきであると考えております

技術や知識のみならず
みんなで常に向上心を抱き
人間性という質を高めて
正当な判断と評価を繰り返し
公正である看護集団づくりを
目指していこうと
初心を忘れずに歩もうと思えた今日でした

仏壇に備えられていた
カサブランカの花を見て

流石ね!〇〇さん!
私が大好きなカサブランカを飾って
迎え花にしてくれたのね
伝わってますよ
〇〇さんのお気持ちがビンビン伝わってきますよ

霊界に入られて
ご家族を通して
天からのメッセージを有難う御座います
と手を合わせた

娘さん達も良い顔をしておりました
親は死をもって教える

それを感じた場面でした

帰りながら
これからはあなた達が今日の様に
看とらせて頂い方々から
思い出して頂いて
看護が正しく行えておりますよと
印を押してもらえるのを目指す未来ね

これが、最も正しい崇高な評価なんですよ
社会の中で人間が認め、人間が判断する事に踊らされず
人間が生きて死すその狭間で評価をもらうと良いのです

それが天の答えとして私達の魂が
正しく使われている評価となりますからねと話した

動画を載せるのは
ご了承を得ております

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

にっぽんの!☆1

にっぽんの!☆1

  にっぽんの為の にっぽんの若者の にっぽんの未来の 御国のために この言葉を何度も何度 …

面接

面接

入職希望の方の面接をした 今日は当社のケースカンファレンスで全員に甘酒を飲ませようと事務さん達がスタ …

熱く語る指導

熱く語る指導

下方に動画あり↓   看護学生実習生へ 伝えたい想いが溢れてますね クリックどうぞ!! tmp_v4 …