投稿日:

通じてる!通じるのよ!☆1


通じてる!通じるのよ!☆1

私が病院看護師を辞めた瞬間

この話は何人かに話して来たわね
それはとても幻想的な
そして
厳かな瞬間だったの

私の体の全てのエネルギーを集中させたわ

病室で心電図をつけて
今か今かと病棟ステーションのナース達に待たれてた

こんな事ってある?!
死ぬのを待たれてたの

そしてその方の最後の振り絞る呼吸の様子を見つけて
慌てて戻って伝えた私は違和感を覚えた

そうなの
心停止が来たら先生を呼ぶ手はずよ

また病室に戻った

今なら私が側に居られるわ
この手の温もりを持って旅立てる?

こんな1人の最後は切なくて切なくて
違うわ!
ねぇ?聴いて欲しいの
私は直に会議に入らないといけないから
ここを立ち去らないといけないの

私が居てこの手の温もりを伝えられてる間に天に上がれるかしら
人間の最後の温もりを感じながら
旅立たせたいと感じてるの
私は間違ってる?

ねぇ伝わってる?

良いわ!カウントダウンを始めるから
もし、あなたがゼロで旅立てたるとしたら
それは想いが通じてるということだと受け止めるわ
始めるわ

10  9  8  7  ・・・

そうよ!やっぱり私がしたい看護は
人間として生きる最後まで
人間の温もりを感じて旅立つべき
温かみの中のやりきった後の死であるべきだわ
もし、叶うなら
私はここを飛び出すわ

あなたも家に帰りたかったはずよね
帰らせてあげられる
そんな看護を始めるわ

あなたに賭けてみる
私の人生の賭けをするわ

6  5  4  ・・・

家に帰りたい
家に帰らせたい
この想いが同じで正しいなら
私は人生を変えるわ

3  2  1・・・
0
ピー
鳴り響いた心電図波形のフラットの音に

私は目を見開いた
身体中に電流が走った気がした

わかったわ!
私はあなたとのこの事を一生忘れない
あなたの旅立った命の価値を
証明していくから

それから
私の人生を導いてくれた方だと
その方の存在は一瞬で変わった

会議に欠席を告げ
エンゼルケアを精魂込めてした

遠方から到着した妹さんに
この方は崇高な生き方をした方なのでしょう?
と聴いた

ええ、姉は誰の悪口も言わず
誰も責めずに生きてきたの
尊敬してる姉でしたが
ずっと独身を通してたから
身寄りは私しか居なくて

お元気な時に私はお話ししたかった
私はこのお姉さんによって
人生を変える決意をしたんです
私の恩師だと思います
有り難う御座います

この意味は妹さんにはわからない事だったろうと思う
それでも、この方は通じてる
今もこの病室に魂は居て
私を見下ろしているはず
手を合わせてその方の頭上の天井を見上げて
本当に有り難う御座います!
と力強く伝えた

この話を私は
私の周りの者達が信じなくとも
あれから7年経った今でも
私だけは幻想ではなく
リアルな見えない世界だったと信じています

病院に次の日に辞表を出して飛び出た私は
誓った看護に向けて走り出した

退職して4ヶ月間は
凄まじい勢いだった

県の訪問看護ステーション立ち上げ申請用紙をダウンロードして
県に毎日通い詰めて
わからないところを聞いては帰り
小さな小さな枠の中に手書きで
申し込み内容を一枚一枚仕上げていった

何もわからないところから
一人で埋めていった

子供達は
お母さんは県庁で働き始めたの?
と聞くほどに毎日県庁に通ってた

2ヶ月ほど経って
挫折しかかった時に
行政書士をしていた友人が
家に数年ぶりに遊びに来たの

驚きよね

私の広げている書類を見てからは言ったわ

何してるん?

訪問看護ステーションを立ち上げようとしてて
チンプンカンプンからスタートして
挫折状態よ

何!!あなたは何言ってる?
俺の仕事こそが
それを作成して申請する役目やに
なんで電話しないんかっちゃ!

へ?
なんて仕事?

行政書士やわ!

アンタって人は、まったくもう!
今まで俺の職業も知らずに何年友達してるんかい!

じゃあ、これ本当にわかる?

わかるわ!
少なくとも貴女よりわかりまくりやわ
貸して!
残りは任せよ

待って!
お金がないのよ
貴方に頼んでも余分な仕事になっちゃう

そんなん!
稼ぐようになったらで良いに決まってるやん
出世払いや
ふざけた事してて
いつもいつも驚かせて
そして一人で無茶をするんやけん
預かって行くよ
出来上がったら持ってくるわ

そう言って彼は笑いながら家を飛び出て行った

ポツンと家の中に残された私は
呆然としてた

やれ!って事だわ
何年ぶりに突然来たかと思ったら
一体なんなん!
まるでこれじゃあ
かっこ良すぎる白馬の王子様だわ

あの方が寄越してくれたのね
彼を引き寄せてくれたのね

有り難うありがとう
カウントダウンの私の恩師様

そして使者となって現れた
友である彼の温かさと
紡いできた人間関係の凄さの線上に
居続けてくれた彼の人を応援する熱いハートに
手を合わせた

それから彼のアドバイスを受けて
銀行にプレゼン資料を作り束ねて走り込んだり
資本金として子供達4人の
お年玉や行事の時の親戚縁者からのお祝い金が貯まってた通帳と
微々たる私の貯金をかき集めて

信じられないくらいのわずかな資本金で
会社を立ち上げた
株式会社かがやきの誕生だった
平成25年11月6日
退職したのは7月末日からの3ヶ月の出来事だった

生活費は底をつきギリギリだった
子供達は納豆ご飯しか食べさせてもらえない県庁に通う母親をとても不安気に眺めてたわ

長男は私に聞いた
母さん?俺たち大丈夫なん?

 

 

まぁ、見てなさい
神様は見放さないわ
母さんが正しい事をしているならね

正しいかどうか俺は何を信じたら良い?

笑って見てなさい
大勝負よ!

それから1ヶ月後に
かがやき訪問看護ステーションが立ち上がった
12月10日だった

どちらの日にちも私のバースデーの数字のみだった
6月21日と同じ数字ね

何故
立ち上げたか

ほとんど無一文になってまで
何故立ち上げたか

カウントダウンの恩師たる
あの女性との誓い

家に帰りたいと言うと
書き綴っていた
看護記録を見た私

家に帰らせてやりたかったと熱くこみ上げた私

その一点だった気がする

☆2へ

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

労い

労い

↓下方に動画があり 自分の担当利用者さんの緊急対応をまず労うチームへの挨拶から始まり今の状況を伝達 …

休日

休日

※下方に動画クリックあり   お正月はスタッフをなるべく休ませてやりたいと頑張るのが管理者となります …

にっぽんの!☆1

にっぽんの!☆1

  にっぽんの為の にっぽんの若者の にっぽんの未来の 御国のために この言葉を何度も何度 …

最近の投稿

2020/09/30

担当の確認作業

2020/09/30

労い

2020/09/28

メンタルサポート

2020/09/28

新規依頼

2020/09/28

在宅療養③