投稿日:

〈ナイチンゲール〉


 

あなた方は

進歩し続けない限りは

退歩していることになるのです

♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾ ♾

ということでワタクシは

5日〜7日迄
携帯の電源を切り
会話をせず
自分1人の世界に入ります

それで闇と思うか
孤独と思うか

光と思うか
自分の中のものの存在を思うか

楽しみにしながら
その世界が社会の中の表現されたものと同じと思うか

別の世界を見出すか
試してみようと思います

大好きな世界であろう事を祈りながら
面白い体験を味わってみようと思っています

人は一人で生まれてきて
一人で死んでゆく

私は我が子達に
ある子育てをした時期が
それぞれにある

孤独感を与える子育てを取り入れる時期があった

子供は常に親が居て安心だと教育の中にあるのが当たり前の理論であるが
親が居ても、孤独を味わせる場面を与えた

中学に入るとどの子にもこの言葉を言った
一人で生きていきなさい

突き離されたと思うかどうかはそれぞれではあるが
愛が絆をつくっていれば
突き離されたと思えないのではないかと実験をした

この事は凄く良い結果をもたらしたと思っています
親ではなくて自分が生きる世界には
友やパートナーが大事なのだと理解したのではないかと思う

家族以外の他者に目を向ける場面になったと感じることができた

それからのそれぞれは瞬く間に
自分の世界観を広げ
外に存在しようとする
自立の一歩になる意識を高めていく結果となった

その際には
我が子が少し離れていく感覚も
一抹の寂しさを覚えるのだけれど
それが親として進歩する機会にもなった

我が家は中学から子供達は
自炊を余儀なくされた
高校受験時も自炊と勉強の両立が大変だったと思うが

生きることには
食が必須であると気づくことができたと思う
必死に食べる事に貪欲になり
母親であるワタクシを罵倒した

そのバトルの中に
親と子供は別個体であるという
別の人間としての生き方を得ようと必死になってた気もする

進学進路も、勉強も、学校での在り方も
一切を口に出さず
集った時間のみの
家族のルールの基盤を親のワタクシに合わせさせた

それはとても理不尽で
とても迷惑をかけられている意識になったと思う

それでも親子という愛を感じていたら
飲み込むしかない耐え抜く生きる力を備えさせたかったし備えていると信じれた

今宵も仮眠していた私の部屋を
仕事が終わり家に帰る前の長男が
覗いて

暗闇の中で寝てるワタクシを見て
フフフと笑った

フフフと笑い返したら

フフフフフと笑いを増やしていた

こんな時間に早々と寝てる私を
仮眠だなと飲み込んだ生活を理解している長男さえも
社会の中で人は人の都合があると予測できる寛容さを身につけているのではないかと思う

こだわりを捨て去るとは
人の中の別の感覚があるという事を理解できるかなのだろうと思う

親さん達は屈しないで良いと思う
子供が親を普通じゃない!と罵倒する時ほど
子供はこだわりを捨て去るのだと大きく構える事が必要な気がする

訪問看護をしていて
よそさまの家族の在り方で
親がわがままな家庭の子供ほど
寛容であることも多い

段階があって
普通じゃない!と叫ぶ時期

普通にさせようと、もがく時期

普通じゃないからと諦める時期

普通じゃなかったから自分はと
在り方を見つけようとする時期

普通はないのではないかと気づく時期

普通でなくても良いんじゃないのかと
周りと自分の考え方を比較する時期

普通じゃ面白くないかもと思い出す時期

普通はひっくり返り
普通は常に変化し続けるのだと感じる時期

この段階を眺めてやれて
微笑んで居られる眼差しが
親の文字のように
木の上に立ち見るありような

どうであろうか

まだワタクシも親の存在の中におり

あと数年は親として眺めるが

それぞれの子供に言う時期があった
次の宣言

ずっと親が居ると思うな

そうワタクシは親をやめる宣言をしようとどの子にも考えている

一人で生きていけ
と中学の頃に放った言葉の意味が
活きる時

その時に
子供達が親が言った一人とは
私から巣立ての意味であり

一人として他者を家族とする意味である事に気づくだろう

産み出された者から
生み出す者に変化する瞬間

この成長過程がとても重要な気がしています

ただし、三つ子の魂百まで
小学校の時期までは
愛の泉にどっぷり浸からせ
愛されているという感覚の中で
我OKと認められし命である喜びを
与えてからの荒行の価値なのである事も必須であります

 

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

緩和セミナー

緩和セミナー

鶴見病院の緩和セミナー緩和病棟も見学させて頂きました もし?バナカードをグループに分かれてさせて頂き …

日本丸🛳

日本丸🛳

日本丸を戴きました あまりに細部まで良く出来て長く飾りたくなってアルミのケースを作ろうと思ったのです …

人との繋がり

人との繋がり

つくづく人の繋がりの力が有難い マスクが無いと困ればマスクが手に入り消毒が無くなると困れば消毒を当社 …

最近の投稿

2020/09/30

担当の確認作業

2020/09/30

労い

2020/09/28

メンタルサポート

2020/09/28

新規依頼

2020/09/28

在宅療養③