投稿日:

温泉を採掘した理由☆1


 

以前この地に引っ越して来る前の自宅は温泉でしたが
今はユニットバスで温泉ではありません

我が家は引っ越した今、2人住まいなのですが
2年前は嫁ちゃん含む家族6人居ました
それはいつでも誰かが入りたいと思えば朝から直ぐに服を脱げば入れる状態でした

その湯船の温度をあーこれこれ!って具合に保つことが
温泉の楽しみ方の1つでもあります

ここが、腕になるわけです
ひねれば極熱な訳ですから
夏は蛇口の湯を絞り溜まった湯が適温でザブンと飛び込めるように

冬は湯量を多めに出して調整で適温に
この感度が家族の手腕になるので
入って服を脱いで熱ければ
誰なん!熱いやん!
と叫ぶし

冷たければまた
誰なん!前に入った人は!
冷たいやんか!
と叫ぶのです
笑笑

そうやって温泉があると
家族でそのセンスを指摘し合う
楽しみがありました

私なんぞは支援の合間に30分あれば
当時事務所の裏手の家に駆け込み
汗を流して
1日5回は入る夏の日々でした

引っ越して7ヶ月が経ちます
温泉に入りとうて入りとうて
車の中に忍ばせたお風呂セットを抱えて
別府中の銭湯に駆け込んでは
今の家に温泉がないのを無念に感じておりました

温泉に入れなくなり
体系が変わりました
代謝が違うんです
汗が吹き出ないのです
皮下脂肪が背中に付いてきました
笑笑

実は温泉を採掘して良いかの許可は
今の別府市ではとても難しい許可なのです
まずもって、周囲何キロ径にどなたかが採掘してたら許可はおりません
たとえ、その採掘した場所から湯が湧き出ていなくて湯気だけでもダメなのです
というのも蒸湯や蒸し釜に利用することもあるからです
掘りたいがあまりに、近隣の採掘者に
使用していなければ閉じて頂く交渉と採掘した費用と閉じる費用を負担しなければなりません
採掘可能範囲を決めていないと
採掘すると今まで湯が出ていた方の温泉が止まったりします

先に掘り当てた方々にご迷惑をおかけするのです
最初に、この土地を購入した時に
不動産屋さんも近所の方も全ての方々が此処は無理だと仰いました

諦めずに市に調べてもらいに行くと
採掘がすでに周囲でされていてダメだと言われました

それでも運の良い私の事だから、きっと掘れるはず!私は運が稀に見る運の良い人間のはずだわと自分を信じて
それから数週間諦め切れなかったので採掘直径を正確にもう一度計り直して頂けないかと申し出ました

すると、高橋さん!掘れます!
すみません直径を勘違いしておりました
唯一1箇所だけ直径が重ならない奇跡のような場所が高橋さんの土地の中にありますと、仰って下さいました

この時の想いを話しますと
実は、私は長きに渡り訪問看護に明け暮れながら、先日のケースカンファレンスの場面のように
別府のご老人家庭にはお風呂のないアパートや家が多いために
支援の保清ケアを阻まれる無念感を抱いておりましたし

時代の流れの中で、そんな方々の銭湯での入浴介助の許可も降りなくなってきたことは悔しい想いが重なっておりました

「歩けた時には毎日朝晩、銭湯に行ってたの
今はもう、行けなくなってそれだけが楽しみだったのにねぇ」

こんな言葉を人生の最後に聞くのは
なんとかしてやりたい想いが湧きますよね?

いわゆる私は
そんな方々の湯に浸かる笑顔を見たい
私のために温泉をどうしても採掘したかった
こんな想いは必ずしや成し遂げられるはずだ!
天は必ず叶えてくださるはず!
この一心があったから
市役所に粘ってもう一度!と言えたのだろうと思うのです

それと、皆さんもご存知の通り
別府市は障害の車椅子生活の方々が多ございます
街並みは月日とともにバリアフリー化が進んできていて
その活動に励む方々の勢いある事業化も目覚ましいですよね

駅の構内整備に対する活動や
温泉地ならではの旅館やホテルへの呼びかけ改装もここ数年は拍手ものです

それでもですね
それでも、まだまだ日常的に
車椅子やストレッチャーの方々が入れる温泉は少のうございます
どうでしょうか?

車椅子の方々だからこそ
温泉が必要であり
下半身を温め代謝を高める事が
どんなに健康効果が得られる事でしょう

車椅子の方々が汗をかくことは
生活の中では、難しいのです
冷房を入れたり暖房を入れたりして
体温調節が必須でありますし
神経にダメージを与えないように皆さんは苦労されております

車椅子の方々の足先を触ってみて下さい
私達より冷たいのです
足浴をしたりする事は日常茶飯事の訪問看護です
足の裏に褥瘡が出来る方も少なくないのです

 

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

講和

講和

当社のケアマネージャーさん3人に講和を1時間した 白板を用いて熱く語った お題は質問形式でした 素敵 …

朝の支援に行っていると

朝の支援に行っていると

電話が鳴った ママ!今、別府公園に来てるのお弁当を作って食べようと思ってねママの車が近くに停まってる …

プロ意識

プロ意識

その94歳の戦争で重い鉛の爆弾を肩に抱えて生還した利用者さんの訪問看護で私はもう一つ億に値する価値あ …