投稿日:

8月21日の看とり☆1

 

昼間、我慢強いSさんが痛みを訴えていて、便がたくさん出たという報告が入りました

夕方19時過ぎ
緊急電話当番の2年目板倉さんが、
今夜は仮眠室に泊まろうかな・・・
と呟きました

一気にスタッフ達には暗黙の
静けさが走ります

私も今夜は明け方までパソコンをしようと決めていました

仮眠室は使われている事を知って
板倉ナースさんは
みんなで食べる様に作っていた
大量の焼きそばを
仕事が終わったみんなと食べて
家路に着きました

そして
呼吸がおかしいです
という奥様からのコールが入り
副管理者の松井さんが
吸引器を持ち込みます!
と叫び

私は板倉ナースさんに電話しました

しおん!今どこ?

西大分です

呼吸がおかしいとコール入ったわ

戻ります!

そして遅番1の2年目岸野ナースさんも駆けつけるというコールが入りました

3人でほぼ同時に着くなと思いながら全体に
Sさんの呼吸がおかしいとコールありだけ送信して
目の前の仕事を一気に片付け
駆け込むと
本日休みだった丸尾ナースさんも居て
4人でラストケアをしておりました

奥様と娘さん、孫さん達家族が揃っていて笑顔でした

2年目の板倉ナースさんは化粧を施しておりました
彼女もまたエンゼルケアを1年目の研修で受けていて
血流が止まった方々にとって
どんな化粧がふさわしいものかを学んでおりました

そっと側で口添えしました

これからSさんと長きに渡り一緒に働いてきた職員さん達が
お別れをする時に
元気に働いていた時と変わらないねって
苦しかった闘病生活を醸さない様に
頬紅をもう一押し頼むね

この言葉は、是非数日経ったデス・カンファレンスの時に再度また話したい部分です

その方が何に一番心を傾け生きたか
その情熱的に生きた姿を
見てきた方はどなた達か

その方々はどんな最後の表情を望み
その方々にご本人はどんな印象を残して去りたいか

それを私達は知っているべきだと感じるナースでありたいと思うのです

闘病時の悲痛な表情も
悔しい思いも
泣きたい気持ちも
在宅の生活は家族達は感じ取り
その全てを受け止めてくれる

もう充分に
いろんな表情を見届けてきた

最後に葬儀で見送る方々の前に
ご本人が見せられる精一杯の
生前の表情に近いように目指したいと私は思うナースでありたい

この事を若きナースさん達に
デス・カンファレンスでは伝えたいと思う一部として
背中にそっと手を添えて板倉ナースさんに告げた

その一つ一つの言葉の意味も探る様に大切に頬紅をさし
顎の部分にも紅を添えてくれた
エンゼルケアの化粧が目指すものは

生前の自然な姿

それと私達は
生前のお元気な頃を知らない場合が多くなってきたのが現状で
ターミナルの最後の退院の段階で
依頼を受ける事も少なくない

エンゼルケアをしてる脇で
奥様が家族へとアルバムをたくさん引っ張り出してきた
この行動も多々見られる場面でもあります

そう、生きてきた中での
家族と共有した思い出
これが人間のかけがえのない
生きた証であり
常々、私が言うところの
形ある財産とは違う
本物の財産という思い出

すぐ様、アルバムを出せるご家族というのは
その闘病生活を懸命に共に闘った方が多い
寝ずの看病や、求める慰安に対して
怯まず応え続けた家族に与えられる
家族の別れの時間なのだと思えるのです

その行動が私達をホッとさせてくれて
辿り着きたい看とりの在り方に終止符を告げてくれる

よくぞ、しっかりと成し遂げてくださり有難うございます
ご立派でした

この言葉を告げられる瞬間です
それは私達が在宅で看護してきた
シフト調整や
飛び出て駆けつけた日々を
無駄ではなかったと
家族のみならず
私達にも納得を下さる瞬間なのです

これから49日までは
Sさんは過去の思い出を辿りながら
この世を去る準備に入りますが
この世にまだいらっしゃいますので
何卒、手を合わせてご冥福を皆様で偲んで差し上げてください

50日にあちらの世界に辿り着けるように、火を灯して差し上げられる様に
たくさん手を合わせて思い出して
その想いを追善供養として宜しくお願い致します
とお話をさせて頂きました

そして、5人で荷物をまとめ始めた時
奥様が、こんなに頻繁に朝に夜にと笑顔で来て下さって
どんなに心強かった事か
お父さんも本当に安心して過ごせたと思います
特に松井さんの事は大好きで
来てくれるのを待ってました

その言葉を聴けて
私は先日の松井ナースさんの
お父さんを思って泣いてる動画をお見せしました

支援を済ませて事務所に帰ると
こうやって泣いていたんです
お父さんの想いをひしひしと感じて泣くんです
通じ合っておりました
次期管理者なんです
彼女だから働き者のお父さんと通じ合えたのだと思います

奥様は残ったオムツ等を差し出して
良かったら必要な方に使って下さいと言って下さいました

そして、もう会えなくなるのね

松井ナースは言いました
また会えますよ
別府は狭いです
そして私達は別府をいつも走り回ってます
あちこちに現れます

2人は別れがたし言葉を交わしておりました

そして・・・

 

かがやき訪問看護ステーション
〒874-0042 大分県別府市鉄輪東3組-5
TEL 0977-85-8401 FAX 0977-85-8402
完全365日24時間緊急連絡及び対応あり
緊急連絡先【看護】TEL 070-5481-8405

関連記事

色んな取り決めを

色んな取り決めを

↓下方に動画あり 色んな取り決めを組み込みながら体制づくりをしてゆく中で 私の役目は管理者さん含めて …

新かがやき体制スタート!!

新かがやき体制スタート!!

※下方に動画クリックあり 新管理者松井友美さんから総勢29人に向けてメッセージもありました 人の上に …

産休明けの初出勤

産休明けの初出勤

※下方に動画クリックあり 産休明けの初出勤 これからこんな可愛子ちゃんが出勤してきます 泣かすな泣か …